GID駆け込み寺

http://myqr.jp/firststep

性同一性障害とは?

性同一性障害(gender identity disorder)は、その頭文字をとってGIDと呼ばれる。 生物学的性(セックス)と、自分は男である、あるいは女であるという性自認(ジェンダー・アイデンティティ)が一致しない現象があり、体と心の性の不一致に悩む人々が存在する。 GIDの中でも、TS・TG・TVに細分化される。
FTM FEMALE TO MALE(女から男へ)
MTF MALE TO FEMALE(男から女へ)
TS TRANS SEXUAL(変性症:性転換症・変性症者:性転換者)。FTMTSであれば、どうにかして男性器を付け、素っ裸の状態で男としか思われない限り気が済まない。
TG TRANS GENDER。 TVとTSの中間で、異性の性役割をもちたい人。FTMTGであれば、男にみられて男として扱われなくては不服であり、そのために男性ホルモンを使ったり乳房をとったりまですることもあるが、性器をいじろうとまでは思わない人がほとんど。
TV TRANS VESTITE(異性装嗜好・異性装嗜好者)。FTMTVであれば、男装をすると気が休まり、本来の自分にかえったような気がする。MTFTVには、加えて性的興奮が伴うこともある。

原因は?

今のところ、絶対的な原因は解明されていないが、主流の説として「胎児期の脳の性分化」に問題があると言われている。 もともと人間は全て女性形である胎児が、性染色体の働きで男の形となり、その睾丸から出る男性ホルモンのシャワーをその脳が存分に浴びれば、頭と身体の性が一致した男が生まれる、という訳である。 ところが何らかの原因で脳が男性ホルモンを(十分に)浴びそこなうと、MTFになってしまうという。 FTMの場合は、身体は女であるが、脳が何らかの原因で多量の男性ホルモン(黄体ホルモンも同じような作用をするという)を浴びたために、頭と身体の性がバラバラになってしまったといわれる。
GIDの兆候と傾向
参考文献:(虎井まさ衛『女から男になったワタシ』) :(虎井まさ衛/宇佐美恵子『ある性転換者の記録』)
自己紹介
第一歩を踏み出してみる
NPO法人 性同一性障害支援機構
エピテーゼ 匠
お世話になってる匠さん。 人工シリコンで本物そっくりの男性器を手に入れる事が出来ます。そして業界初の特許取得した立ちションも可能です。百聞は一見に如かず。見ればわかります。
SOPHIA BANGKOK
僕がSRSの時にお世話になったSOPHIA BANGKOKです。 まさかの友人の友人がやっていて初めてタイで会ったんですが、とても優しく親切にいろんな事を教えてもらいました。 1人で行っても全然寂しくならなかったです! サポートも充実していて、何より一番安心出来るアテンド会社だと思います。今はSOPHIA BANGKOKにして良かったと思ってます。
ここまで読んでくれてありがとうございます。 さて、最後に一番大事な内容を見ていただきたいと思います。 受け入れられない人はどうか最後まで読んで、それから初めて否定してください。
さて、あなたが当事者かどうかに関わらず、知らないうちに人を傷つける言動をとってしまわないためにも、今回は性同一性障害にまつわるありがちな誤解を4つ、まとめて見ていきましょう。
1.性同一性障害は、精神障害だ 「性同一性障害」は、いわば日本の法制度上必要となった病名です。性同一性障害で障害者手帳が交付されることはありません。 また、精神疾患の国際的な診断指針「DSM-V」においても、「病気ではない」とはっきり書かれています。 しかし同時に、自身を「障害者だ」と考えている当事者もおり、いわば「国際的には精神疾患でないが未だ議論中」という状態です。 日本では、身体的な性別変更を望むならば、生殖機能を失うような手術を禁じている母体保護法第28条に抵触しないようにしなければなりません。そのため性同一性障害という病名をつけることで、治療目的の手術を可能にしたという経緯があります。 中にはホルモン剤の副作用で気分の落ち込みを訴える人もいますが、それは性同一性障害以外に対してのホルモン治療でも同じことです。
2.性同一性障害とされる人は、男もしくは女への性転換手術を望んでいる 性同一性障害と診断された全ての人が、手術を希望するわけではありません。 経済上・健康上などの理由から、単に必要を感じないという人まで、手術をしない当事者もおり、“ノンオペ”と呼ばれます。 また性同一性障害の診断の有無に関わらず、自身の性を「男でも女でもない何か」「性別が無い」などと自認する場合もあり、性のあり方は十人十色なのが現状です。
3.性同一性障害とされる人は、働くことができない 神いっき容疑者が生活保護を受給していたことから生まれた誤解とみられますが、タレントのはるな愛さんらが反例になるでしょう。 もちろん、他の業界で働く当事者もいます。 そもそも生活保護受給自体は完全に合法であり、反対するならば受給者を蔑視するのではなく法改正を求めるべきです。
4.性同一性障害は「本人の性別」、同性愛は「恋愛対象の性別」の話。性同一性障害であってもなくても、人間の性のあり方は、異性が好き・恋愛をしない・決めつけない……など様々です。